あがり症は慣れで克服できるのか?

あがり症は慣れで克服できるのか?

『あがり症を克服するのは慣れだよ!』という人がいます。

 

あがり症 慣れ

 

初めは私も、『そうだな、場数を踏めば慣れてきて極度に緊張することもなくなるのかもしれない』と思っていました。

 

ただ、これはウソだと思います。

 

”慣れ”ではあがり症を克服はできないと感じました。

慣れでは克服できなかった!

私は少し前まではできるだけ人と接しない職種にいました。

 

しかし異動があって営業職になってしまったので、今では人と会うのが仕事になってしまいました。

 

元々、とてもあがり症だった私は、どうしていいのかわからずにネットなどであがり症克服などで検索してあがり症対策を色々と調べていました。

 

そんな中で書いてあったのが、あがり症を克服するのは『慣れだ!』というものでした。

 

初めは私もそう思って信じていました。

 

私は自分でも確かに人前に出る事を避けて来たので、経験自体がないのは自覚していたからです。

 

今までは経験がないのでどんどん場数を踏んで、慣れていけばいいのだと思っていました。

 

しかしできないながらも仕事柄やらざるを得ないっていうのもあって、数はある程度踏むようにはなっていました。

 

でも何度場数を踏んでも慣れることなのはありませんでした。

 

今はあがり症を克服して、ある程度はちゃんと人前で話せるようになりましたが、それは慣れなどでは決してありません。

 

むしろ慣れなどではあがり症を克服することはできないと私は身に染みて解りました。

 

何度場数を踏もうが、正しいあがり症の克服方法もわからずに、ただ数をこなしてもあがり症を克服することなどはできません。

 

ただ単に苦痛の繰り返しでしかないのです。

正しい方法をしるべき!

改めてよくよく調べてみると、『あがり症は慣れで克服するよ』などと言っている人は、自分があがり症で克服したから言っているのではなく、あがり症でない人がそんなのは慣れだよと言っているだけだとわかったのです。

 

慣れであがり症を克服する人もいるかもしれません。

 

ただ自分の経験から言うと、あがり症を克服するために何度もそんな場面にでなければいけないのは、単なる苦痛の繰り返してしかないと思っています。

 

私は1日でも早く正しいあがり症の克服”方法”を知るべきだと思います。

 

慣れなどでは決して克服することはできないです。

慣れだよ!という人はどんな人か?

あがり症を克服するのは慣れだよ!という人がどんな人なのかを確認する必要はあると思います。

 

自分自身が極度のあがり症で、それを克服したというのであれば信じるに値するとも言えます。

 

そうではなくて自分はあがり症になったこともないのに、あがり症は慣れだよ!などと言ってる人は1ミリも信用する事など出来ないと思います。

 

経験もしたことないのに、”だろう”で言っている人はとても多いものです。

 

あがり症は慣れでは克服できないと思います。

 

少しでも早く正しい方法を知ってそれを実践することでこそ、あがり症は克服できるものだと思います。